SONY RX100 特選ブライドルレザーストラップ

  • 2017.09.22 Friday
  • 21:50

<リコイルオーナーブログ>

 

今日はSONY RX100シリーズ用のショートサイズストラップ(ネック)の新商品を紹介しよう。

 

 

素材には特選ブライドルレザーを使用。カラーはダークブラウン。同機種用にラインナップしているUKブライドルレザーストラップ(ブラック)よりも厚みのある皮革。

 

 

ショートタイプネックストラップはRX100シリーズのカメラに付属されるストラップジョイントパーツを介してカメラに取り付ける。説明の必要はないと思うがはじめにカメラにストラップジョイントをセットした後、ショートストラップ本体を繋げる。ジョイントパーツとストラップ本体を繋ぐのはコードバン製のレザーテープで片方に2個のネジを用いて固定する仕様だ。

 

(ストラップ商品にはSONY純正のジョイントパーツは付属されないのでRX100シリーズカメラ購入時に付属されている純正ジョイントを使ってください)

 

下の画像はストラップにジョイントパーツをセットした状態。この状態ではカメラにセットできない。繰り返しとなるがジョイントパーツの先端の紐をカメラに通してセットしてからストラップを繋げる。

 

 

<カメラに装着した状態>

 

長さはストラップジョイント含めて約80cm。首から下げると胸の下付近にカメラが位置する感じとなる。コンパクトカメラにはこれくらいの短いタイプが使い勝手もまた見栄えもスタイリッシュで良いのではないだろうか。

 

 

近日追加予定商品。

 

 

 

ライカM10コードバンストラップ<限定品>

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 23:17

<リコイルオーナーブログ>

 

今日はライカM10に似合うであろう高品位なストラップを紹介しよう。

 

コードバン素材で仕立て上げたストラップである。長さは105〜115cm。厳選素材で製作される限定品!

 

 

カラーはコードバンの定番カラーでもある「バーガンディー」肩当ての裏面にはフランス/デュプイ社が作るドレスシューズのライニング用の高品位な皮革をセットした。

 

コードバンにデュプイのライニング・・なんとも豪勢な組み合わせ!コードバンは一枚革でストラップに仕立てられることが可能な厚みのあるものを使っている。作れる本数に限りがあるアイテムなので限定モデルとして販売。厚みと長さが取れるコードバンはなかなか希少で現在リコイルでストックしているマテリアルの在庫分限りでの製作を余儀なくされている。

 

 

ストラップの両先端部はブラックカラーのコードバン。スモールバックルがセットされたリコイル製ストラップの定番仕様。レザーテープ幅は10mm。

 

 

唸りたくなる程の豪華なストラップだね。ライカ×コードバンストラップ。デュプイのライニング革が使われた肩当てとか・・・。さりげなく豪華さに華を添えている。ヂュプイの皮革・・普通には手に入らないよね。プロショップならではのチョイスである。

 

<限定コードバンストラップはこちら>

 

 

リコイル製 dpクアトロコンプリートカスタム

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 22:44

<リコイルオーナーブログ>

 

少しばかり時間が経ってしまったが以前このブログでも取り上げて告知していたdpクアトロ用のコンプリートカスタムが完成した。

 

 

カスタムカラー仕上げのヘビーレザーケースとパッテッドショルダーストラップ。ストラップの方もケース同様にカスタムカラーで仕上げている限定商品。

 

 

随所にチェリーカラーを混ぜてある。チェリー系のカラーは特別カラーとして扱っていて普段は滅多に使わない色味である。ヘビーレザーケースとパッテッドショルダーストラップをセットアップした姿は壮観だ!!このセットアップはもう当面作れそうにない。

 

 

超がつくほどに個性の強い外観を持つdpクアトロシリーズにリコイルの最も個性の強いアイテムを装着させた唯一無二のドレスアップ!

 

 

ドレスアップって本来こういう類のものだったはず・・適当な作りのアイテムを寄せ集めてドレスアップです!って軽々しく扱うからスタイルを確立することなく一過性の流行りとして廃れていったんだよね。

 

スタイルを追い求めてきたリコイルのドレスアップは未だ健在!格好良さを追い求めてリコイルワールド全開で突き進んで行こう!!

ライカM10コードバンケース

  • 2017.09.18 Monday
  • 23:19

<リコイルオーナーブログ>

 

ライカM10用のブライドルレザーケースに続いて最新作には『コードバン』を使って制作!

 

カラーはブラック。ただのブラックではなくマットブラックとなっている。ライカM10のブラックも光沢を抑えたマットブラックなので色合いのバランスも丁度良い。

 

 

通常コードバンの表面は艶やかな光沢が特徴なのだがこの画像でもわかるようにこの皮革の場合ツヤが抑えられたマットブラック・・その訳は・・蝋引き加工が施されたコードバンだからである。

 

蝋引きのレザーといえば定番はブライドルレザー。ブライドルレザー同様にこの蝋引きのコードバンも使用するにつれて光沢が増していく。使い始めはマット系ブラックだが使用するにつれて光沢が増す。

 

 

ステッチカラーはベージュ。ベージュカラーを選んだのはケースボトムにドレスシューズのソール用皮革を使っているから。ソール用の皮革は染色が施されていないナチュラルカラーのものなのでこ色味と色合わせしてベージュを選んでいる。

 

 

相変わらず強固な皮革で・・いい加減にしろ!と呟きたくなるくらいに硬い!この類の皮革を使ったアイテムを手縫いで縫い続けていると多分腱鞘炎になるだろうなと・・それくらい硬い皮革だ。ボトム部分が硬いおかげで仕上がったケースもカチッとした剛性感を持っている。

 

 

ブラックボディーのライカM10にマットブラックの蝋引きコードバンを使ったハンドメイドレザーケースを装着。なんとも贅沢な組み合わせ。。ライカにはこれくらいの贅沢さが似合うのだろう。。

ライカM10 特選ブライドルレザーケース限定品

  • 2017.09.17 Sunday
  • 22:14

<リコイルオーナーブログ>

 

昨日チラッと紹介したライカM10用のブライドルレザーケース。これ限定品ですよ。。

 

しっとりした質感が心地良い特選ブライドルレザーを使ったケース。ケースボトムにはドレスシューズのソールに使われる硬質の皮革を合わせている逸品。使い込んだ姿を見せたいのだが・・如何せんまだ新品だ。使い込んだ姿は嘸や風格を帯びていることだろう。

 

ケース同様にブライドルレザーで作られるショルダーストラップをセットアップして使うと尚宜しい。このストラップは最近ブログでも紹介した新作のストラップである。

 

 

ブライドルレザーはやはりいい!9月はライカM10用のアイテムを中心にストラップや他機種用アイテムなども交えて色々手がけていく予定。

 

<ライカM10インポートブライドルレザーケース>

 

<プレミアムブライドルレザーストラップ 8mm tape>

 

***********************

 

さて、最後にお勧めの写真展の紹介を。。

交流をさせていただいている上野由日路フォトグラファーが中心となった写真展で

オールドレンズ×ポートレート写真展2と題した写真展。

明日が最終日となりますがオールドレンズを使ったポートレート写真展が開催中ですよ〜。

素敵な写真と巡り会えることでしょう。。場所は東急東横線「学芸大学駅」徒歩5分。

入場無料です。覗いてみてはいかがでしょう。。

詳しくは下記よりどうぞ。

 

オールドレンズ×ポートレート写真展2

 

 

ライカM10 DOGMAR 60mm F4.5/特選ブライドルケース

  • 2017.09.16 Saturday
  • 23:18

<リコイルオーナーブログ>

 

ブランド別にコレクションしているブライドルレザーの中からしばらく使ってこなかったレアなブライドルレザーを選びライカM10用ケースに仕上げてみた。

 

 

側面は特選ブライドルレザー、ボトム部分にはドレスシューズ/ソール用の硬質レザーをセットアップ。正面のステッチは二列のダブルステッチを施す。

 

 

重厚感溢れる面持ち。なかなか格好良い。。いや相当良い!

 

ライカM10用にはヘビーレザーアイテムを展開しているのだが、この手のアイテムもいろいろ追加していこう。ボトムのソール用レザーを使うのは凄く格好良いんだけど・・この皮革の穴開けは・・一苦労なんだよな〜

 

さて・・じっくり解説したいところだが・・出張帰りで猛烈に疲れている・・今日はここまで。

α7RII α9 対応プレミアムブライドルレザーストラップリリース!

  • 2017.09.11 Monday
  • 19:24

<リコイルオーナーブログ>

 

昨日告知したα7IIシリーズ α9 対応のプレミアムブライドルレザーストラップ商品をそれぞれのカテゴリー内にて取り扱いを始めている。

 

<α7IIシリーズ純正三角リ金具取り付け対応>

 

くどいようだけども・・このソニーαシリーズ用の純正三角カンは小さくて取り付け幅も狭い。純正で同梱されるストラップ以外のものを選ぼうとしても選択肢は限られる。レザー製のストラップの場合でもその多くは取り付け部分にナイロンテープを使用した作りのものが殆どでオールレザー製の高品位なストラップを探してもなかなかお気に入りとなるものは見つからない。

 

 

α7RIIなどの機種になればカメラの本体価格も相当なハイプライスを掲げる高級機となるのだが・・同梱されるストラップはやはり特別なものなどではなく・・どのメーカーも似たり寄ったりのお約束的なチープな作りのものがついてくる。

 

<α9純正三角金具取り付け対応>

 

より高額なα9であってもその辺は変わらない。10万のカメラでも30万のカメラでも50万のカメラになっても付いてくるのはチープなストラップなのである。

 

リコイルではαシリーズの高級機に見合う高品位なオールレザー製のストラップを装着したい!装着させたい!そんな思いで純正金具対応のストラップを作り始めたところだ!これから本格展開していくつもり。

 

 

高品位なストラップを使ってみるとわかると思うがチープな作りのストラップから付け替えるとその違いは歴然で気持ちの昂ぶりを感じるはずだ。テンションが上がると言えば良いだろうか。

 

今まさにシャーッターを切るその瞬間以外でも大切な時間や瞬間は常に身近にあるものだ。カメラを携えて撮影ポイントを探している時などカメラに繋いだオールレザー製のストラップに触れて感じるその頼もしさ!オマケ的に付いてくる純正のストラップでは決して味わえない触れて感じる優越感に満たされることだろう。

 

ヨレヨレっとした純正ストラップの良さもそれはそれであるものなので・・純正でいい!という方は純正のものを使い、使い込んで味わいの増す高品位なレザー製がいい!という方にはリコイルのストラップを自信を持ってお勧めする。

 

このストラップの作りは最高だ!私が厳選したマテリアルで組んでいる。大量生産などもちろん無理である。ハンドメイドの良さを存分に味わえる。オールレザー製アイテムは使い込んでこそその真価を発揮する。カメラをチェンジしたとしてもストラップは使い続けることができる。風合い豊かな愛着の一本に育てて欲しい。。

 

<α7IIシリーズ用プレミアムブライドルレザーストラップ>

<α9用プレミアムブライドルレザーストラップ>

 

どちらも同じ商品だけれどそれぞれのカテゴリーにて装着スタイルなど見れますので。。どうぞ。

α7RII α9 対応プレミアムブライドルレザーストラップ

  • 2017.09.10 Sunday
  • 23:02

<リコイルオーナーブログ>

 

前回紹介したα7RII α9 対応のプレミアムブライドルレザーストラップを改めて取り上げて紹介しよう。

 

 

ソニー純正の幅の狭い三角カンに通すことのできるテープ幅8mmの特製ブライドルレザーストラップ(プレミアムモデル)

 

α9にセットアップ

 

α7シリーズ/α7IIシリーズ/α9に装着可能

 

以外に今までなかったα純正リング取り付け対応の本格的な作りのオールレザー製ストラップ。カスタムショップリコイルより待望のリリース!今日取り上げたモデルは既にライカM10カテゴリー内で販売を始めている。明日にはα7IIシリーズカテゴリー、そしてα9カテゴリー内においても同ストラップを追加/販売する予定。

 

新作アイテム今秋はいくつ追加されるだろうか??本格的な秋の到来まであと少しかな。。

ライカM10 DOGMAR 60mm F4.5/特選ブライドルストラップ

  • 2017.09.09 Saturday
  • 21:57

<リコイルオーナーブログ>

 

特選ブライドルレザーストラップの紹介から。。

 

 

新作となるブライドルレザーストラップのマテリアルには厳選した品質のブライドルレザーを用いて製作している『特選ブライドル』アイテムだ。

 

肩当パーツにはイタリア産の皮革を二枚合わせで製作する。メインカラーのチョコブラウンにアクセントカラーとして『ネイビー』を合わせている。裏面及びステッチ色がネイビーカラーになっている特別仕様。

 

ネイビーは挿し色に用いるととても上品で格好良いカラーだ。

 

特選ブライドルレザーはコシの強さと厚みのバランスがとても良くまとまっており正しく特選の名に恥じないブライドルレザーだ。手に取ってみるとこのストラップの品質の高さがわかるだろう。

 

 

この新作特選ブライドルレザーストラップには8mm幅のコードバンレザーを両先端部にセットしている。通常リコイル製のレザーテープ仕様のものには10mm幅を使っている。今回のマイナス2mmが意味するもの、その恩恵は大きい!

 

ライカのアイレットに異なるサイズの二重リングを取り付けてストラップをセットしてみた。

 

《16mm真鍮》このリングは多くのリコイル製ストラップにセットしてきているリングでハンドストラップ用にも使っている。

 

《15mmチタン/レインボー》最近プライベートで好んで使っているチタニウム素材で作られている二重リング。カラーはご覧のようなレインボーカラー。

 

《10mmアンティーク》一般的に流通している内径10mmの小型のリング。このタイプも好んで使っている。小さなリングはとてもスマートだ。8mmレザーテープのストラップもこのリングに通すことができる。このスタイリッシュさはなかなかのもの。

 

 

どのモデルに対しても傷防止用のレザータブは使わない。スマートではないから。カメラ本体にはレザー部分が接触するので傷防止タブをセットする必要がない。二重リングの径が小さいものほどより接触しない。

 

さて冒頭で書いたように通常10mmを8mmに変更したことによる恩恵についてだが、このストラップは『α7II』や『α9』に使用できるのである!

 

だからどうした?の声が飛んで来るだろうか?現在ソニーのミラーレス機はそのシェアを拡げているが、ソニーミラーレス機にセットされている三角リングは取り付けられる幅がとても『狭い』!当然つけられるストラップの選択肢も限られることとなり・・ましてやレザー製で高品位なストラップとなると殆ど見つからないのが現状だ。リコイルでも幅の狭いα純正の三角環対応のストラップは作ってこなかった。

 

今回製作したストラップはα7IIシリーズやα9の純正三角環に取り付けることができるのである。明日はソニーα7RII/α9にセットアップしたものを披露しよう。。

 

先に少しだけ。。

 

 

この続きはまた明日に。。

 

 

ライカM10 DOGMAR 60mm F4.5/リミテッドブライドルストラップ

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 18:56

<リコイルオーナーブログ>

 

ライカM10とお勧めストラップの紹介から。。

 

 

メインマテリアルはUKブライドルレザー(クレイトン社製)ブラックカラー×レッドの組み合わせ。レッドカラーはライカのブランドロゴカラーに使われているカラーなのでアクセントカラーとして扱うと相性が良い。ブラック×レッドのリミテッドカラーのストラップは赤いポーチをセットアップしている商品が現在リリースされている。ライカとセットアップしているこのモデルではブラックカラーのポーチをセット。赤の露出を抑えたセットアップだ。

 

このストラップはブラックをメインカラーに据えているものの、ストラップの両先端部や肩当パーツの裏側、ステッチカラーにレッドを使った華やかなストラップに仕上げている。リミテッドの名が示す通り特別仕様のストラップだ。

 

このストラップの仕様はカメラに付属される三角カン取り付け対応用にラインナップしているものだが15〜18mm程の二重リングを使えば取り付けも可能となる。(10mmや12mm径の小さな二重リングには取り付けられない)

 

カメラのボディーと接触するのはストラップのレザー部分になるので二重リング使用時の傷つき防止タブなどはまず必要ないだろう。

 

 

 

このストラップは近々ラインナップに加える予定。ライカM10用に作っているのでライカM10カテゴリーに陳列する。

 

 

ブラックとレッドのコンビネーションカラーが格好よい!!挿し色の赤がやっぱりいいよね。。

 

α7RII デコラティブケース

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 20:14

<リコイルオーナーブログ>

 

さて、本日は久しぶりにα7IIシリーズ用の新商品をピックアップして紹介しよう。

なかなか珍しいタイプのケースだよ。。

 

<α7IIシリーズ用デコラティブケース>

 

ぱっと見で目を奪われる装飾パーツが組み込まれた『素敵な』ケースだ。メインマテリアルにはヘビーレザーを使う。カラーは通常仕様のケースとは異なるワインレッド系のカスタムカラー仕上げを施す。

 

ボトム部分や装飾パーツ、背面部にはアクセントカラーとしてライトブラウン系のカラーをセット。レッド×ライトブラウンを掛け合わせたツートーンカラーのカスタムカラーケースに仕上げている。

 

 

存在感のある個性豊かなケースを目指して作ったケースだ。今までα7IIシリーズ用のケースは数多く手がけてきた。過去にもデコラティブケースは作っているが今回のケースは別バージョンの新型、最新作だ。

 

クラシックなスタイルや荒々しいミリタリースタイルとも異なるリコイルのもう一つの世界観が垣間見えるアイテムがデコラティブケースであろう。

 

 

どことなく・・これから訪れる秋らしい雰囲気を感じるのは・・赤系色と黄系色のカラーが紅葉のカラーと重なるからだろうか。秋の訪れももうじきだね〜。。個性の強いデコラティブケースはライカM10用でも準備しているのでそちらもお楽しみに。。

 

夏の終わり頃から製作ペースも上がり始める。夏の間は少し無理をしながらの・・いや、相当無理をしながら製作を続けてきたのだが・・・一年の中で最も製作に適した秋の季節の到来を前に早くも感覚が研ぎ覚まされていくのを感じている。

 

『創作の秋!!』リストアップされた新作アイテムに目を通して手がける順番など確認している今日この頃である。。

 

 

 

ライカM10 DOGMAR 60mm F4.5/ブライドルストラップslim

  • 2017.09.02 Saturday
  • 18:27

<リコイルオーナーブログ>

 

今日はレザーケースを取り外しカメラにスリムタイプのストラップを取り付けて持ち出してみた。

 

 

ストラップの素材はブライドルレザー。二重リングは径の小さなタイプをセット。ショートサイズでストラップ幅も狭いスリムタイプのストラップ。スリムタイプのものはバリエーションに加えてから日の浅いモデルになる。

 

良質な皮革を使った細いストラップはノスタルジックな雰囲気に満ちている。大きく重いヘビーなレンズを装着したらバランスも悪く感じるかもしれないがドグマーあたりのサイズ感のレンズとならバランス、外観共に良好だ。

 

二重リングがセットされたストラップにはカメラとの干渉を防ぐ保護用のタブパーツが同梱されたり、初めからストラップに組み込まれていたりするのが常だが・・径の小さなリングを用いた場合、リングがカメラに殆ど接触しないので接触を防ぐパーツを装備する必要はないだろう。

 

そもそもカメラの側面に装備されてきた傷つき防止用のプロテクターがこのM10では省かれている。不要のものであると30年くらい前から指摘され続けてきたらしいが・・確かにない方が潔くスタイリッシュで格好も良い。

 

丸環によるスレなど気にする必要はない!という方向性を示しているM10なのでストラップに保護用のタブパーツなど使われていない方がこのカメラにはスタイル的に似合うようだ。

 

 

この二重リングはリングの線径自体も細いのでライカM10のアイレットになら片側に二つのリングをセットした一点吊りも可能となる。

 

 

各種操作の邪魔になるから反対側のアイレットにつけて吊る方が良いのかな?

 

 

いずれにしろこんな使い方もできたりする。ショート&スリムストラップならではの使い方だろう。

 

 

レザーケースなどは装着せずストラップだけを使う。しかも極めてシンプルなスタイルのものを。。潔くなんともクールなスタイルだ。今後はライカM10用にセットアップするリコイルお薦めのストラップもいろいろ用意するつもりでいる。。

ライカM10ドレスアップ/ DOGMAR 60mm F4.5/ブライドルストラップ

  • 2017.09.01 Friday
  • 21:00

<リコイルオーナーブログ>

 

昨日に続き今日も夏の暑さを忘れさせてくれる過ごしやすい一日だった。私のライカM10にはアンティークカラーのヘビーレザーケースを常時装着状態としてストラップを色々付け替えて使っている。カメラにセットしているレンズは金色に輝くドグマーだ!

 

 

このセットアップはいいね。重厚でクラシックなスタイル。ライカの品格を損ねる事なく一層魅力的な外観を形成している。ライカブティック内であろうと世界中の何処であろうと誇らしく見せられる。リコイルメイドの折り紙つきだ。

 

今日はブライドルレザーのストラップをつけて持ち出している。このブライドルレザーはJ・ベイカー社の作るブライドルレザー。風合いがとても気に入っている。リコイルが作るカメラケース用にも使い続けているお気に入りのマテリアルである。

 

 

ストラップを取っ替え引っ替え使うことの多い私の場合、二重リング仕様のものよりもすぐに取り外しのできるフック金具タイプが多い。ちょっとしたものを収めることのできるスモールポーチをストラップにセットする仕様も定石となっている。

 

 

ポーチは完全固定仕様と取り外しタイプの仕様とを作り分けている。取り外し可能なタイプの場合異なるカラーのポーチを付け替えるだけで随分雰囲気も変わったりするのでなかなか楽しい。

 

 

普段ヘビーレザーの一枚皮仕様の肩当を好んで使っているが、稀に2枚の皮革を貼り合わせて縫い合わせた肩当も使う。このストラップにセットしているものはブライドルレザーとイタリアンレザーを重ねて縫い上げたもの。

 

 

カメラのアイレットにはチタン製の二重リングをセット。チタンリングにフック金具のストラップをその時々の気分で付け替えて使う。このヘビーレザーケースの構造自体がストラップの金具などなどによる傷が付き難い作りとしてあるので取り付け部に金具を用いたストラップであっても気遣う必要はない。相当ラフに扱わない限り傷などつかないだろう。

 

 

気に入ったものはひたすらに使い続ける主義なので・・『ああ、ライカに金色のレンズつけてる人ね!』などといずれ言われたりする時が来るのだろうな。。ドグマー/DOGMARである!!

 

ライカM10用各種ヘビーレザーケースの単体販売も始めている。受注生産品。納期は2〜3週間程度。

 

<ライカM10ヘビーレザーケース各種こちらより>

 

 

ライカM10リコイルドレスアップ/ DOGMAR 60mm F4.5

  • 2017.08.31 Thursday
  • 19:39

<リコイルオーナーブログ>

 

素敵なレンズを装着したライカM10リコイルドレスアップスタイルを紹介しよう!

 

プライベート用の非売品ストラップとこれから販売を始めるライカM10用ヘビーレザーケース/カスタムカラー仕上げを装着したライカM10。金剛色に輝くレンズはDOGMAR 60mm F4.5

 

 

日頃交流をさせて頂いている大切な友人の皆さん方からプレゼントとして頂戴したオールドレンズDOGMAR 60mm F4.5

古き良き時代に作られたものならではの貫禄と迫力に満ち溢れたその姿は圧巻だ。

 

新品のライカM10に時を経て未だ色褪せない貫禄を帯びるオールドレンズをセット!重厚なブラスカラーに目を奪われる。

 

 

古いレンズの描写にみられる独特の「味」や「におい」。現代のレンズが高性能なコーティングを纏うことで、かえって失ってしまったものを、このレンズは呼び覚ましてくれる。(M42 MOUNT SPIRAL 記事内より抜粋)

 

現行レンズとは一線を画する時を経た独特の迫力を帯びる外観と同じくそれぞれの個体でしか取れない描写が味わいを一層深いものとする。オールドレンズならではの魅力だろう。

 

 

このレンズの解説は幾多のオールドレンズを紹介しているモンスターブログ/ M42 MOUNT SPIRAL の記事内にて観覧することができるので是非のぞいてみることをお勧めする。

 

しっとりとしたハレーションが光り輝く

軟調系オールドレンズ

 

と題して詳しく解説されている。

 

M42 MOUNT SPIRAL

 

今日は気温が下がりまるで秋を感じさせるような快適な1日となったがこの夏の期間は暑い中での作業に相当無理をしながら奮闘を続けてきた。リコイルでの仕事は体を動かす肉体労働による疲れとはまた別物で・・微動だにせず黙々と手先を動かす作業に明け暮れることが日常・・気分の良いハードワークとは違う厳しさがある。そんな中、贈られたレンズは沈み込みそうな私のモチベーションを一気に持ち上げてくれた素敵な贈り物であった。。このレンズは正真正銘、私の宝物だ!

 

牧野氏、上野氏、塩島氏、進藤氏

 

素敵な贈り物をありがとうございました。。

これからも楽しい時間を共に過ごせたならば幸いです。。

 

リコイルオーナー/松尾 大

 

 

 

 

 

ライカM10ヘビーレザーコンプリートセット完売です!

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 15:35

<リコイルオーナーブログ>

 

ライカM10用のリコイルアイテム第一弾としてセット販売したヘビーレザー3点セットのコンプリート商品、本日20セット完売!御礼申し上げます。。3週間を納期として見込んでいるけれども完成したものから順次発送に回すので早ければ1週間後くらいには初回の発送が始まります。。

 

 

現在ヘビーレザーケースの単品販売を準備中。ヘビーレザー製アンティーク/プレミアムブラックそしてコンプリートセットで販売されたクラッシュの3種類。準備が整い次第受付開始。

 

今日は早朝から工房に出向き午前中いっぱい工房内で雑務をこなして過ごす。午後はミーティングを終えた後、自宅に持ち帰る皮革材料をマテリラル保管庫から持ち出し『さあ、帰るか!』と工房を後に歩き出した途端、猛烈な雷雨に見舞われて急遽引き返す・・・

 

ブログの更新でも行いながら雷雲が遠ざかるのを待つことにして現在執筆。。

 

 

オリンパスのミラーレスカメラ。。E-P3の2台持ち。実の所もっとある・・・。E-P3用のレザーケースはリコイルの看板商品である。現在E-P3用のアイテムを扱っているところはおそらくないだろうが・・。オリンパスミラーレス機・・PEN-FでもなくE-PL8でもなくOM-DでもなくPEN E-P3がリコイルのお気に入りなのだ。

 

 

カメラ自体のバランスとドレスアップの醍醐味とがこれほどマッチする機種も他に見当たらない。故に未だ、そして今後もリコイルでは取り扱っていく。

 

 

この二台のカメラとレザーケースは共に私物。E-P3のカスタムケースを製作する際傍らに置いている。この2台のE-P3に装着しているレザーケースのようにポップカラーも似合うしアンティーク系の渋いカラーも似合う。今もアンティーク系のE-P3用レザーケースを手掛けている最中だ。

 

外は雨は降り続いている・・雨の中歩くと足元や着ている服が濡れるから雨を憂鬱に感じる人も多いだろうが・・私の場合雨降りの日は実に散歩日和と思っている。好きなんだよね雨。服が濡れるとか?まあどうでも良い。気にせず歩く。。駅までの道のり・・5キロくらいかな。雷が避けられれば何ら問題ない。

 

そろそろ行こうか。。

 

<ライカM10>

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM